保育所とはどんなところ?似た施設との違い

保育園と幼稚園の違い

保育所と保育園が同じ意味だということはお分かりいただけたでしょうが、もう一つ気になるのが、保育所と幼稚園の違いではないでしょうか。子供が通うのは「保育園」「幼稚園」のどちらもよく聞きますし、同じようなものだと思っている方も多いことでしょう。しかしながら、この二つには大きな違いがあります。

たとえば、保育園は子供を預けるところとして知られており、何かしらの理由で面倒を見られない両親の代わりに保育をすることが挙げられます。それに反して幼稚園は、子供が学ぶ学校です。小学校や中学校のように学校として考えられています。その証拠に保育所は厚生労働省が取り仕切っていますが、幼稚園は文科省が管理をしているのです。

また、幼稚園は学校として取り扱われるため、文科省が認定を出さなければ幼稚園と名乗ることはできません。しかしながら、保育所はあくまで子供を預かるところ。厚生労働省から認可を得られなかったとしても、自ら保育所を名乗り、無認可の保育所として運営をすることが可能です。無認可と聞くとマイナスなイメージを持つ方も多いのですが、NPO法人や自治体が主体となっておこなわれる無認可の保育所も多くあります。国から出ている基準が非常に厳しいために、独自の基準で保育所を立てたいという方も多く、多様な保育所が生まれているのです。