保育所とはどんなところ?似た施設との違い

保育所とは?

子供ができて保育所を利用している方は多いことでしょう。保育所とは、親の代わりに子供を預かり、保育してくれる場所のこと。働いている親や、何らかの理由で面倒を見られない日のある親などが利用することを目的としています。保育所は同じように預けられた子供たちが多くいますから、子供たちのコミュニケーション能力を育てることにも役立つでしょう。

ここで注目しておきたいのが、保育園の存在です。保育所と保育園は言葉も似ていますし、子供を預かるという点では同じです。じつのところ、この2つは同じ言葉を意味しています。保育園というのは俗称で、正式名称が「保育所」なのです。保育所は児童福祉法に記載された基準で設けられている施設を指し、厚生労働省によって管理されています。

ただし、保育所という言葉を認可がなければ使ってはならないという基準はなく、いまのところ、認可をきちんと得ているところも、無認可で運営しているところも、どちらも保育所と呼ばれています。そして、無認可で運営しているからといって違法かといわれればそういうわけでもなく、認可をもらっているほうがどちらかといえば安心、といったほどでしょう。

また、保育園と保育所を使い分けて使っている方も多く、たとえばよく使われているのは、大きな規模のところを保育園、逆に家庭的で小規模なところを保育所と呼ぶことも。これらの名前は非常にあいまいな使い分けをされているため、保育所にまつわる考え方や印象は人それぞれといったところでしょう。